競艇素人のサラリーマンが競艇予想サイトを詐欺なのか検証するブログ

上司に無理やり平和島競艇場に連れて行かれ競艇予想サイトを知り、詐欺だと疑いながら優良・悪徳かを口コミ・評価・評判を元に検証する。

MENU

素人が競艇(ボートレース)の基本・基礎・ルールを学んでみた!競艇選手(ボートレーサー)の収入・仕事・なり方

競艇,ボートレース,競艇選手,ボートレーサー,収入,給料,試験,仕事

f:id:boat-tarou:20180925155715j:plain

今まで競艇予想サイト口コミ評価評判を元に比較検証をしてきた。

明らかに知識がない素人素人なりに検証してきたわけだがw

素人でもわかるような悪徳詐欺サイトが多かったのが事実だ。

優良サイト

 

 その中で思ったのが、競艇(ボートレース)についてもっと知りたいとw

数々の競艇予想サイトを見ていくうちに自然にある程度は詳しくはなったのだが、なんだか飛び級をしたみたいで嫌だ。

競艇(ボートレース)の基本基礎ルールなどのイロハを知りたいと思い、調べて勉強してみた。

それを備忘録としても残しておこうと思う。

これで多少は課長との会話についていけるだろうw

今回は俺の中では謎多き競艇選手(ボートレーサー)」についてだw

そもそもどうやったらなれるのか?そして給料事情は?仕事内容は?

などなど詳しく見ていこうと思う。

 

競艇選手(ボートレーサー)は稼げるのか?

競艇選手(ボートレーサー)の給料

競艇選手(ボートレーサー)の年収の平均は1600万円だそうだ。

平均年収推移は300万円~1,200万円となっている。

平均給料(月収)は約133万円で

最大年収は2億8393万円(2002年の植木通彦の年間獲得賞金)だ。

な、なんと俺の給料の一生涯分だw

や、やべえ。競艇選手(ボートレーサー)になりてえw

 

競艇選手(ボートレーサー)のランク別【A1・A2・B1・B2】年収

階級(人数) 平均年収
A1(約300人) 約3400万円
A2(約300人) 約1900万円
B1(約750人) 約1100万円
B2(約150人) 約800万円


また新人選手や女性選手の年収は賞金ランキングから算出してみると

女性の平均年収:2665万円 ※2015年度の賞金ランキングから算出
最大年収は4052万円

新人選手はB2ランクから始まる。
そのためだいたい800万円~と予測される。

 

競艇選手(ボートレーサー)の推定生涯年収(生涯賃金

上記の平均から算出してみたところ推定6億8800万円となりそうだ。
日本の平均生涯賃金が約2億円だとして、平均生涯賃金からの増減は約5億円だ。


競艇選手(ボートレーサー)が年収1000万円になる方法?

とにかく勝ち続けること。

B1ランクの平均が1100万円だからB1ランクに昇格できるよう頑張ることが大事になる。
比較的年収1000万円を目指すのは目指しやすい職業である。

賞金最高額が1億円。

生涯年収の最高額が約29億円となっているため相当凄い額を稼げる可能性のある職業である。

f:id:boat-tarou:20180925163956j:plain

なんだか、今更だが競艇選手(ボートレーサー)になりたくなってきたw

 

競艇選手(ボートレーサー)の仕事内容

競艇選手はボートレーサーとも呼ばれていて、毎日のようにレースが開催されている全国に24ヵ所ある競艇場で、ボートレースに出場し勝利を収めることが仕事である。

週末や祝日には全国の10以上の競艇場でレースが開催されていることもあり、ボートレースの開催が決まると日本モーターボート競走会が40〜50名の選手を斡旋し、競艇場の番組編成委員が選手の割り振りを行う。

ボートレースは通常は4日から6日の期間で開催され、出走回数は4日間の開催で5レースが行われ、5日間の開催で6レースが行われ、6日間の開催で7レースが行われる。

競艇選手(ボートレーサー)は最終日に行われる優勝戦で1着になることでランクが上がっていき、それに従って参加できるレースも違い獲得賞金も金額や年収も大きく変わってくる。

f:id:boat-tarou:20180925163534j:plain

 

競艇選手(ボートレーサー)になるには?

やまと学校

実は競艇選手(ボートレーサー)は国家資格で競艇選手(ボートレーサー)になるには資格検定試験に合格する必要があるが、資格検定試験は誰でも受験できる。

ただ実際は福岡県柳川市にある競艇選手(ボートレーサー)の養成学校であるやまと学校に入学し、1年間の授業や訓練を受けなければ合格は難しそうだ。

やまと学校は4月と10月の年に2回の入学があり、受験資格は15歳以上30歳未満で、入学時に中学を卒業していることと身長が175cm以下で、体重が男子の場合は47.0kg以上57.0kg以下で、女子の場合は42.0kg以上50.0kg以下。 さらに視力が裸眼で両眼とも0.8以上で眼鏡やコンタクトの使用はだめで、強度の色弱でないことと聴力などその他の健康状態が選手養成訓練に支障がないことが条件である。

やまと学校は全寮制で男性は坊主頭で女性はショートカットが義務付けられていて、
週に1度だけ、公衆電話が利用できるが携帯電話の持ち込み禁止

1年間の授業費は月に10万円ほど掛かるが、これには食費や養成費も含まれている。

これ以外にもヘルメット代やジャージ代などの購入費や雑費が掛かり、やまと学校の入学試験に合格すると朝は午前6時の起床から始まり、午後10時の消灯まで分刻みのスケジュールで授業と競艇選手(ボートレーサー)になるための訓練が行われる。

礼と節という教訓がモットーのやまと学校では礼儀や態度行動まで厳しく指導され、さらに定期的に身体検査と体重測定が行われるなど、細かく管理されるため学校の雰囲気になじめず途中で挫折する生徒もいる。

f:id:boat-tarou:20180925162855j:plain


倍率(合格率)

やまと学校の入学試験だが一般試験は学科と体力試験が行われる第1次試験と、身体検査・適性試験・体力試験が行われる第2次試験と、面接・身体検査・適性検査が行われる第3次試験とある。

学科試験のレベルは中学校卒業程度でさほど難しくないが、実技試験は4泊5日の宿泊合宿内で行われ、試験に合格し基準をクリアするとやまと学校競艇選手(ボートレーサー)としての訓練を受ける事ができる。

また中学学校や高校学校や大学などでスポーツで優れた実績がある場合は、第1次試験が人物試験だけで学科と体力試験が免除されるスポーツ推薦試験が適応される。

さらにやまと学校の入学資格が2008年(平成20年)8月1日の106期の募集から特別試験枠が設けられ、アマチュアのモーターボート競走のK400選手権大会で3年以上連続して3位以内の者や、社団法人「日本自動車連盟」公認の国際A級ライセンス以上の取得者か、財団法人「日本モーターサイクルスポーツ協会」公認の国際ライセンスの資格取得者で、国際大会か国内大会で5位以内の者や、スキー・スノーボード体操競技でオリンピックやその他世界大会の日本代表選手や、財団法人「日本ボクシングコミッション」公認のA級ライセンスの資格取得者で日本ランキング5位以内の者や、競走会が特に認める者は条件が大幅に変更になり特別試験枠が設けられるようになった。

ただやまと学校の入学試験の倍率は、受験者も多く約40倍とかなり高く人気がある。

 f:id:boat-tarou:20180925163544j:plain

 

競艇選手(ボートレーサー)の仕事の面白さ

競艇選手(ボートレーサー)になるには厳しい1年間の訓練を受けた者だけがレースに出場でき最初はB2クラスからのスタートで、年に2回だけ行われている選手のクラス分けでB2クラスからB1クラスに昇格する。

クラス分けでは勝率や複勝率や出走率だけでなく事故率なども判断の材料になるので、競艇選手(ボートレーサー)の仕事の面白さを最初に感じるのは何と言っても初優勝の瞬間だそうだ。

ボートレースは必ず1着になる競艇選手(ボートレーサー)もいるが、当然のことだが6着になる競艇選手(ボートレーサー)もいる。勝ち負けがはっきりしている勝負の世界なので、結果が全てで他人のせいにはできない。実力があればすぐにランクが上がり、それが獲得賞金や年収に反映される面白さがある。
ただその反面なかなかレースに勝てないと選手のランクも下がり、下のランクで準優勝戦や優勝戦に残らなければ獲得賞金も少ないので大変である。

f:id:boat-tarou:20180925164707j:plain

 やべえw競艇選手(ボートレーサー)って夢があるw

けど大変そうだなw

続く~

優良サイト