競艇素人のサラリーマンが競艇予想サイトを詐欺なのか検証するブログ

上司に無理やり平和島競艇場に連れて行かれ競艇予想サイトを知り、詐欺だと疑いながら優良・悪徳かを口コミ・評価・評判を元に検証する。

MENU
船の時代
グランドスラム
競艇予想ナビ
ブルーオーシャン
競艇革命エース
競艇リッツ
ボート365
フルスロットル
舟帝
スピード
競艇革命ブイマックス

「絶対王者」!【松井繁】選手という競艇選手(ボートレーサー)を調査!勝つためにプロフィール・実績・特徴をまとめてみた!

競艇,競艇選手,松井繁,プロフィール,実績,エピソード,初心者,素人,勝ち方,必勝法

松井繁

競艇素人(初心者)だった俺が競艇に詳しくなったが、やっぱり競艇で「勝つ」「稼ぐ」ためには競艇選手のことも深く知らないといけないと思った。

そこで競艇選手1人1人にスポットを当てて、経歴特徴などを調査していこうと思う。
選手それぞれの特徴を掴んでおくことで、予想に必ず役立つだろう。

では今回は松井繁選手を調査していこう!

優良サイト

 

f:id:boat-tarou:20181121172855j:plain

名前 松井繁(まついしげる)
登録番号 3415
生年月日 1969年11月11日
身長 168cm
体重 51kg
血液型 O型
支部 大阪
出身地 大阪
登録期 64期
級別 A1

 

 

松井繁選手という競艇選手

まず松井繁選手と言えば「生涯獲得賞金」だろう!

その金額は

35億!!!!!!!

なんといってもSG優勝12回なので納得である。
これは競馬武豊選手をおさえて公営競技の中ではトップの数字なのである。

松井繁

松井繁選手は大阪府吹田市南吹田出身で上に兄が一人いる(兄も競艇選手)。

中学・高校時代はテニスをしていたが目立つ選手ではなかったという。

北陽高等学校在学時は将来の進路を見い出せず大学や専門学校を受験するつもりでいたが、近所のおじさんから勧められて競艇選手養成所の募集案内を渡されたのをきっかけに養成所にも出願したところ合格したらしい。

北陽高等学校を卒業してから本栖研修所に入所した。

松井繁選手の養成所時代は同期生の中でも転覆が抜きん出て多く、いつ養成所を退学になるか恐れる日々を送っていたみたいだ。

しかし養成期間の後半に入り実戦形式の研修を行うようになると、松井繁選手は同期である服部幸男選手とともにトップクラスの成績を収めるようになったようだ。

その後の1989年3月24日選手登録された。

松井繁

デビュー戦1989年5月13日住之江競艇場(ボートレース住之江)だ。

デビューから半年B1級に、翌年にはA級へと昇格した。

松井繁選手はデビューからわずか3年G1での優勝を果たす。

1992年5月戸田競艇場(ボートレース戸田)で行われた開設36周年記念戸田グランプリ1号艇、進入3コースながらもまくりで優勝した。

1992年G1初優勝を果たしてからはしばらくタイトルを拝めずにいたが、1995年2月びわこ競艇場(ボートレースびわ)で開催された第38回近畿地区選手権で2度目のG1優勝、続く4月の大村競艇場(ボートレース大村)で開催された開設43周年記念海の王者決定戦で3度目のG1優勝をし、年末の賞金王決定戦初出場した。

ここから2004年まで10年連続出場を果たしている。

松井繁

今や「ボートレースのメッカ」と言われる住之江競艇場(ボートレース住之江)を含め競艇の盛んな近畿地区の絶対的エースである。

そんな松井繁選手でも江戸川競艇場(ボートレース江戸川)を苦手としており、これまで優勝したことがない。※徳山競艇場(ボートレース徳山)でもない。

2006年の江戸川モーターボート大賞では初日から波やうねりに苦しみ、節間で1着を獲ることもままならずに予選落ちした過去もある。

最終日には「波も頑張っている」と弱気なコメントすら吐いた。

その後は長らく江戸川競艇場(ボートレース江戸川)の斡旋はなかったが、2014年の周年記念7年半ぶりに斡旋され勝戦に進出した。

松井繁

ちなみに過去に雑誌のインタビューで「アイスクリームは一日も欠かさない」と言うほどのアイスクリーム好きらしいw

そして趣味はペラ叩きだというw

車も好きなようで、ポルシェベンツアルファロメオなどに乗っているようだ。

松井繁

そして自宅にはフランス高級革靴の「ベルルッティ」がコレクションされている。

松井繁

松井繁選手の経歴や主な実績(SG)

SG 競艇場
1996年 第23回笹川賞 児島競艇場
1999年 第14回賞金王決定戦 住之江競艇場
2001年 第28回笹川賞 浜名湖競艇場
2006年 第11回オーシャンカップ 若松競艇場
2006年 第21回賞金王決定戦 住之江競艇場
2008年 第43回総理大臣杯 児島競艇場
2008年 第13回オーシャンカップ 蒲郡競艇場
2009年 第56回全日本選手権 尼崎競艇場
2009年 第24回賞金王決定戦 住之江競艇場
2013年 第18回オーシャンカップ 若松競艇場
2014年 第49回ボートレースクラシック(総理大臣杯) 尼崎競艇場

 

松井繁選手のレーススタイル・特徴

絶対王者」というだけあってターン技術一流スタート技術一流さばき技術一流整備技術一流で現在の競艇界においてのトップレーサーであることは間違いはない。

松井繁

節間を通してまずは準優勝戦が最低ライン、次に勝戦、その次に優勝という感じで1戦だけを考えてレースしているのではなく準優勝戦に進出する為に何着までに入らなければいけないかという考えのレースをしているようだ。

なので毎回、絶対的に1着狙いという感じではない。

松井繁選手はイン屋なので進入コースの基本は枠なり進入だが、イン寄りのコースが狙える時にはどんどん狙ってくる。

圧倒的に不利な6コースからでも舟券に絡んでくる。

しかし最近はは年齢的な部分もあってかアウト寄りの枠になったレースではインコースに近いコース取りをするように動いてくる傾向が見える。

松井繁

平均スタートタイミングも公表上は0.14だがA1同士のレースの際にはトップスタートというイメージはあまりない。

その反面フライングの可能性はかなり低いということだ。

その代わり1コースに入った時の1着率はかなり高い。

松井繁選手が1号艇の場合や1コースをとりそうな場合は高確率で1着予想してもいいだろう。

5コースまでの進入であれば1着の可能性は十分に考えられるが、6コースの場合は舟券に絡むくらいになることが多い。

しかしながらどのレースでどのコースからのスタートであっても常に舟券に絡んでくる力を持っているので予想をする際には松井繁選手は常にチェックする必要があるだろう。

松井繁選手まとめ

松井繁選手は競艇界を代表するイケメンとしても有名で人気、実力共に競艇界を代表するトップレーサーである。年間で松井繁選手が出走するのはSGG1がほとんどで一般戦に出場するのはお盆正月に行われる地元レースくらいだ。

SGG1ドリーム戦にも常に選ばれており出場選手の中でも常に優勝争いに絡んでくるトップレーサーなので、松井繁選手がいいモーターを引き当てた節は注目だろう。

 

競艇って予想するのが難しい!」

競艇勝ちたい!」

という人はこちらをチェック!

 

boat-tarou.hatenablog.com