競艇素人のサラリーマンが競艇予想サイトを詐欺なのか検証するブログ

上司に無理やり平和島競艇場に連れて行かれ競艇予想サイトを知り、詐欺だと疑いながら優良・悪徳かを口コミ・評価・評判を元に検証する。

MENU

【茅原悠紀】選手という競艇選手(ボートレーサー)を調査!勝つためにプロフィール・実績・特徴をまとめてみた!

茅原悠紀 競艇

近年の若手でスピードターンを売りにしている「新世代ターン巧者」のひとりとされて
いる茅原悠紀選手。特に茅原悠紀選手のターンは豪快モンキーターンとして選手間でも恐れられています。道中での大逆転劇も度々起こしていてファンを魅了しています。今回は茅原悠紀選手を紹介していきます。

 優良サイト

 

 

茅原悠紀■基本情報

 

茅原悠紀 競艇


※2020年5月21日現在

出身地 岡山県
年月日 昭和62年7月11日
年齢 32歳
身長 171cm
体重 57kg
血液型 A型
級別 A1級
登録番号 4418
登録期 99期
支部 岡山支部

茅原悠紀 競艇



茅原悠紀■の年収はいくら?

 

2020年1月1日~5月15日現在迄のTOP10

順位 選手 獲得賞金額
1 吉川元浩 ¥67,784,932
2 峰竜太 ¥45,740,000
3 瓜生正義 ¥37,395,000
4 白井英治 ¥35,974,000
5 松井繁 ¥35,760,000
6 石野貴之 ¥34,702,000
7 菊池孝平 ¥34,538,000
8 毒島誠 ¥33,378,000
9 池田浩二 ¥30,843,000
10 湯川浩司 ¥30,808,000
18 茅原悠紀 ¥24,158,000

 

最新の賞金ランキングの情報はコチラから見れます。 

boat-tarou.hatenablog.com

 
過去10年分の年間賞金額もまとめてみたした。
2019年  6711万
2018年  6407万
2017年  8339万
2016年  5489万
2015年  7158万
2014年1億6238万
2013年  3722万
2012年  4360万
2011年ランク圏外(2908万以下)
2010年ランク圏外(3048万以下)

2006年がデビューになりますので、わずか6年ほどでトップレーサーの仲間入りとは流石です。この先の茅原悠紀選手の活躍が楽しみですね。

 

 

茅原悠紀■レーススタイル・特徴

 

茅原悠紀選手といえば、「ターン技術」が、ずば抜けて高いことが特徴的な選手です。そのターン技術を活かした「差し」や「まくり差し」を得意とし、そのターンの凄さから「宇宙人」との異名を持つほどです。 

 

茅原悠紀 競艇

 

モンキーターン」は、今では多くの競艇選手が習得しているターンであり、茅原悠紀選手もこの「モンキーターン」を得意としています。しかし、茅原悠紀選手のモンキーターンは他の選手とは一味違います。茅原悠紀選手のターンは「ウィリーモンキー」とも呼ばれているターンで、ハンドル操作は最小限のみで、体重移動により舳先を上げて方向転換することが特徴です。バイク競技でのウィリーをしている姿に似ていることから名付けられました。茅原悠紀選手は船体から飛び出しそうなほどの大胆な体重移動により、誰よりも速度を落とすことなく、かつ小さく曲がることが出来ています。もともとは、ハンドルを切ることが苦手であったことから生まれた技術だそうですが、それが今は最大の強みとなっています。 

 

茅原悠紀 競艇

 

平均スタートタイミングは0.14でSGクラスの選手と比べても比較的早いスタートタイミングと言えます。デビュー当時から徐々に平均スタートタイミングが早くなってきており、近況ではスタートを得意としてきている印象をうけます。茅原悠紀選手が出場するレースは、SG、GⅠ、一般戦どのレースであっても6コースからでも1着を取れる実力を持っている数少ない選手です。3着以内に入って舟券に絡んでくる確率もかなり高い選手なので茅原悠紀選手が登場するレースは、どこのコースからの登場であっても舟券に絡めることを考えたい選手です。 

 

茅原悠紀 競艇

 


茅原悠紀■とランボルギーニ

 

有名な話ですよねw2014年のグランプリの賞金1で即購入!しましたね。”緑のランボルギーニ現在はもう売っちゃったとお話されていましたが、次の車もランボルギーニスーパーカーが大好きなんですね。裏山w

茅原悠紀 競艇


2台目のランボルギーニはだいぶカスタムされているみたいで、2019年の大阪オートメッセにも展示されたほどの車みたいですね。私、車にはうといので概要が分からないので画像で判断してくださいw 

茅原悠紀 競艇

 

 

茅原悠紀■マジでお金ないです

 

茅原悠紀選手、だいぶお金の使い方は豪快みたいですね。以前(2015)のトークショウで「お金は使うもの。マジでお金ないです。ホント、使っちゃった。 考えてないです」憧れる~一度は言ってみたい言葉ですね!ただその話が20代のころの話なので、今はもう30代の茅原悠木選手。だいぶ計画的になったのでは?と思います。

 

優良サイト

 


茅原悠紀■ボートレーサへの決意

 

当初は選手になろうと全く考えていなかったみたいです。父親からは何度も選手になるように勧められていたみたいですが、全く興味がなかったと言っておりました。小学1年生の頃から児島競艇場によく連れて行ってもらってたみたいですが、レースを見るより、場内にある子供ルームのゲーム機に一直線だったらしいです。茅原悠紀選手は子供の頃、家にゲーム機がなく、父親の考えとしては「ボートレーサーになるのにゲームは必要ない。それに、ゲームをしたら目が悪くなる」と、禁止されていました。それなので、児島競艇場へ行くとゲームができるから楽しみで父親について行ってたみたいですw(昭和の父親って感じですねw)興味を持ち始めたのは中学生のとき、初めてレースを見て、「自分は手になろう」と、その瞬間に決めた。

茅原悠紀 競艇

「見れば見るほど、ボートレーサーはカッコよくって。華麗ターンを決めて、楽しそうにレースをしてお金を稼ぐ。もうそこから一直線ですよ。高校はボートレーサーに必須のエンジンプロペラ調整を学べるからと工業高校を選び、面接試験で『ボートレーサーになるために入れてください』と言っていました。マチュアボートレースを行っている所があると知ると、『なんでも手伝いますから』と雑用をやらせてもらったりしていました」と語っています。

 


茅原悠紀■略歴

 

・2006年11月11日、ボートレース児島児島競艇場)で開催された一般戦第4回競艇マクール杯 初日第2レースにてデビュー。(6コースから2着)。同節4日目の11月14日、第1レースで初勝利。(6コースから決まり手は抜きで1着)

 

・2007年8月9日、ボートレース浜名湖浜名湖競艇場)で開催された一般戦テレしず サマーカップにて初優出(優勝戦は6コースから4着)。

 

・2008年10月27日、ボートレース児島児島競艇場)で開催されたGⅠ競艇キングカップ 開設56周年記念5日目第1レースにてGⅠ初出場。(6コースから失格)

 

・2009年12月17日、ボートレース宮島宮島競艇場)で開催された一般戦 第16回日本財団会長杯にて初優勝。(優勝戦は1コースからイン逃げで1着)

 

・2010年9月5日、ボートレース児島児島競艇場)で開催されたGⅠ競艇キングカップ 開設58周年記念4日目第5レースにてGⅠ初勝利。(3コースから決まり手は抜きで1着)

 

・2011年11月8日、ボートレース下関下関競艇場)で開催された 開設57周年記念GⅠ競帝王決定戦にてGⅠ初優出。(優勝戦は2コースから4着)

 

・2012年5月22日、ボートレース浜名湖浜名湖競艇場)で開催されたSG第39回笹川賞競走(現:ボートレースオールスター)初日第7レースにてSG初出場(5コースから5着)。同節、5日目第3レースにてSG初勝利。(5コースから決まり手はまくり差しで1着)

 

・2012年9月30日、ボートレース徳山徳山競艇場)で開催された共同通信社杯 第27回GⅠ新鋭王座決定戦にてGⅠ初優勝。(優勝戦は2コースからの進入で1号艇佐藤翼選手がフライング(F)のため決まり手は恵まれで1着)

 

・2013年12月23日、ボートレース住之江住之江競艇場)で開催されたSG第28回賞金王シリーズ戦(現:グランプリシリーズ)にてSG初優出。(優勝戦は3コースから3着)

 

・2014年5月18日、ボートレース平和島平和島競艇場)で開催された 周年記念競走「トーキョー・ベイ・カップ」優勝戦に1号艇で出場するもコンマ01のフライングを切ってしまう。これにより出場辞退期間後半年間はGⅠ、GⅡレースに出場することができなくなる。しかし復帰後は一般戦で立て続けに優勝。10月の常滑全日本選手権、11月の下関チャレンジカップと連続で優出し、大きく賞金ランクをアップさせることに成功する。同年グランプリ(現:賞金王決定戦)への初出場を果たした。

 

・2014年12月23日、ボートレース平和島平和島競艇場)で開催された 第29回グランプリ(賞金王決定戦)でSG初優勝(優勝戦は6コースから差しで1着)。同年の賞金ランキングでは2着の菊地孝平選手に僅かに届かず2位となり賞金王にはならなかったものの、岡山勢初の賞金王決定戦(現:グランプリ)覇者となった。(賞金王(グランプリ)覇者が賞金王になれなかったのは2008年の井口佳典選手以来8度目)

 


茅原悠紀■優勝歴

 

SGの優勝歴

2014年12月23日 第29回グランプリ/グランプリS決定戦(平和島

 

G1の優勝歴

2012年9月30日 共同通信社杯 第27回 新鋭王座決定戦(徳山)
2015年5月17日 つつじ賞王座決定戦 開設63周年記念(津)
2016年11月8日 読売新聞社杯 全日本覇者決定戦 開設64周年記念(若松)
2017年2月14日 第60回 中国地区選手権競走(徳山)
2018年12月04日 G1浜名湖賞開設65周年記念(浜名湖
2020年05月21日 徳山クラウン争奪戦開設67周年記念競走(徳山)

 

G2の優勝歴

2016年3月31日 江戸川634杯 モーターボート大賞(江戸川)

 


■茅原悠紀■今後のレース予定

開催期間 開催地 グレード タイトル
2020/05/26

2020/05/31
住之江 SG 第47回ボートレースオールスター
2020/06/04

2020/06/09
大村 G1 開設68周年記念 海の王者決定戦
2020/06/23

2020/06/28
宮島 SG 第30回グランドチャンピオン
2020/07/07

2020/07/12
三国 G2 第2回全国ボートレース甲子園
2020/07/21

2020/07/26
鳴門 SG 第25回オーシャンカップ

 

 

私が競艇を始めたばかりのころからの付き合いでココは競艇会社一本で運営しているサイトで管理人

一押し信頼のおけるサイトだ!ちなみに私も、遊びの競艇ではなく

負”のときはお世話になっていますw安心優良サイトだとオススメできる競艇予想サイトはこちらにまとめていますので興味がありましたら参考にしてください。
          ↓ ↓ ↓ 


優良サイト 

 
 
 え?競艇ってそもそもどんなもの?初心者でも大丈夫?必勝法ってあるの?競艇予想サイトって本当に儲かるの?という人はこちらをチェック

          ↓ ↓ ↓