競艇素人のサラリーマンが競艇予想サイトを詐欺なのか検証するブログ

上司に無理やり平和島競艇場に連れて行かれ競艇予想サイトを知り、詐欺だと疑いながら優良・悪徳かを口コミ・評価・評判を元に検証する。

MENU

【濱野谷憲吾】選手という競艇選手(ボートレーサー)を調査!勝つためにプロフィール・実績・特徴をまとめてみた!

濱野谷憲吾 競艇

20~30代の頃は流れるような長髪と端正なルックス、さらには豪快なスピードターンで
イケメン実力派レーサーとしてファンも多かったです。

濱野谷憲吾 競艇

最近では髪は短めになっています。そして濱野谷憲吾選手は様々な呼び名・ニックネームがあり、「ムテキング」「ヘマキング」「水上のファンタジスタ」「東都のエース」などと呼ばれています。近年では、山崎智也選手と共に「関東のエース」と呼ばれる事が多く、関東地域でのレースでは絶大な人気を誇る濱野谷憲吾選手を紹介していきます。

 

優良サイト

 

 

 

濱野谷憲吾■基本情報

 

濱野谷憲吾 競艇

出身地 東京都
年月日 昭和48年11月8日
年齢 45歳
身長 169cm
体重 56kg
血液型 A型
級別 A1級
登録番号 3590
登録期 70期
支部 東京支部

濱野谷



濱野谷憲吾■の年収はいくら?

 

2019年1月1日~8月12日現在迄のTOP10

順位 選手名 獲得賞金額
1 吉川元浩 112,148,000円
2 峰竜太 78,059,000円
3 瓜生正義 75,895,000円
4 柳沢一 69,387,410円
5 白井英治 66,492,000円
6 桐生順平 60,048,000円
7 池田浩二 59,328,000円
8 井口佳典 52,104,000円
9 馬場貴也 50,078,000円
10 徳増秀樹 48,942,000円
63 濱野谷憲吾 26,585,000円

 


過去の年間賞金額もまとめてみました。

2018年  6523万
2017年  3354万
2016年  3947万
2015年  4624万
2014年  5154万
2013年  5187万
2012年  4516万
2011年  5171万
2010年 1億367万
2009年  7127万
2008年1億3963万
2007年  9128万
2006年 1億858万
2005年1億6513万
2004年1億3512万
2003年1億2890万
2002年1億1148万

 


濱野谷憲吾■レーススタイル・特徴

 

濱野谷憲吾選手は豪快なスピードターンを得意としている。さらに操縦技術のみならず、大規模な競走で戦う為の整備能力を兼ね備えており、山崎智也選手と共に関東のエースと呼ばれていた。濱野谷憲吾選手の進入は基本的に枠なり進入で、強引なコース取りを行うようなことはあまり見られない。どのコースからでも舟券に絡み、どの戦法もこなせる実力を持っていたが、近年は以前に比べ少々勝利する機会が減ってきている。

濱野谷憲吾 競艇

 

濱野谷憲吾選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としては平均的なスタートタイミングとなっている。ただし外寄りのコースからのスタートの場合は若干遅れるという特徴がある。スタート事故(フライング・1秒以上の出遅れ)が近年でもコンスタントに年1回か2回ペースでやらかしています。ただその殆どがグレードレースに偏っているため、攻めの姿勢の裏返しとも言えるかも知れません。

濱野谷憲吾 競艇

進入コース別の成績に目を向けてみると、1コースでは舟券圏内8割とまずまずの成績だが2コース3コース6コースでは1着が極端に少なくなる傾向があり、1着固定で狙えるのは1コースか4コース5コースがメインになりそうですね。濱野谷憲吾選手は近年のSGやG1競走において少々見劣りするものの、一般競走では現在でも舟券に絡んでくる。良いモーターを引き当てた節である場合は注目である。

 

優良サイト

 


濱野谷憲吾■トウキョーベイパイレーツ

 

2007年5月に平和島競艇場がPR企画の一環として日本モーターボート選手会東京都支部に所属するA級選手11名が指名され結成。その中に濱野谷憲吾選手が入っています。
メンバーには各種イベントで着用する専用ジャージが与えられ、また広告では
選手のバストアップ写真を多用するなどイメージアップを目指したものとなっている。

濱野谷憲吾 競艇


2009年5月、メンバーの一部入れ替えを行い「トーキョーベイパイレーツシーズン2」としてリニューアルを行なった。入れ替えにあたっては「平和島での過去2年の成績」「全国での過去2年の成績」「平和島でのスタート事故回数」「ファンによる投票」を取り入れ、引き続き濱野谷憲吾選手も選抜された。

濱野谷憲吾 競艇


2011年、東京3場(江戸川・平和島多摩川)で展開する「トーキョー・パイレーツ」に一新し、この「トーキョーベイパイレーツ シーズン2」は展開終了となった。

 


濱野谷憲吾モンキーターンの主人公

 

濱野谷憲吾 競艇

濱野谷憲吾選手は、漫画「モンキーターン」の主人公である波多野憲二のイメージモデルとなっています。モンキーターンは有名な漫画家の河合克敏先生が小学館で連載していた漫画です。週刊少年サンデーで1996年から2005年まで連載しておりコミックスは30巻出ています。2004年にはテレビ東京系列でアニメ化もされ、パチスロやパチンコでも人気のタイトルとなっています。

濱野谷憲吾 競艇

日本船舶振興会からも競艇初心者入門書として推薦されていて、競艇漫画の金字塔とも言える漫画になっています。実際にモンキーターンを読んでボートレーサーを目指した選手も多く、2000年前後にデビューしたボートレーサーはモンキーターン世代と言っても過言ではないでしょう。競艇を知っている人も知らない人も非常に読みやすく面白い内容になっています。

 

 

濱野谷憲吾■略歴

 

濱野谷憲吾選手は、世田谷区立新星中学校卒業後、本栖研修所に入所。修了後の1992年5月19日に70期生として平和島競艇場でデビューを果たした。デビュー2走目にして初勝利し、1993年9月23日に戸田競艇場で開催された一般戦で初優勝を飾った

濱野谷憲吾選手は、長らく優勝戦を勝ち切れない時期が続いていたが、優勝戦25連敗で迎えた1996年5月6日の平和島競艇場での一般戦にて2度目の優勝を果たした。これを皮切りに、同年に3節連続優勝を含む7優勝を果たした。10月には福岡競艇場で開催された「第43回全日本選手権競走」でSG初出場を果たし、初出場にして3度も勝利するという活躍を見せた一方で、5日目の4Rと7Rで転覆失格してしまった。

1997年9月11日に桐生競艇場で開催された「第41回赤城雷神杯」でG1初優勝、翌1998年10月11日に福岡競艇場で開催された「第45回全日本選手権競走」でSG初優勝を飾った。

2000年には「第3回チャレンジカップ競走」(住之江競艇場)、2001年には「第16回賞金王シリーズ戦」とSG優勝を重ねていたが、2002年から2004年にかけて記念優勝戦17連敗とスランプに陥る。その後2004年3月14日に三国競艇場で開催された「三国50周年 北陸艇王決戦」で3年ぶりのG1優勝を飾った。

2007年3月21日に平和島競艇場で開催された「第42回総理大臣杯」で地元でのSG優勝を飾った。6月18日に競艇場で開催された「開設55周年記念 つつじ賞王座決定戦」3日目の7Rで通算1,000勝を達成。

濱野谷憲吾選手は、賞金王争いの常連となっている競艇選手で、1998年の初出場以来2006年まで年間獲得賞金1億円以上を達成していた。

 


濱野谷憲吾■優勝歴

 

SGの優勝歴

1998年10月11日第45回全日本選手権競走(福岡競艇場
2000年11月26日第3回競艇王チャレンジカップ競走(住之江競艇場
2001年12月24日第16回賞金王決定戦競走 シリーズ戦(住之江競艇場
2007年3月21日第42回総理大臣杯平和島競艇場

G1の優勝歴

1997年9月11日開設41周年記念 赤城雷神杯競走(桐生競艇場
1998年11月17日ダイヤモンドカップ競走(浜名湖競艇場
1999年6月3日開設47周年記念 全日本王座決定戦(芦屋競艇場
1996年4月7日開設44周年記念 秩父宮妃記念杯(びわこ競艇場
1999年7月6日開設45周年記念 ウェイキーカップ多摩川競艇場
1999年9月28日ダイヤモンドカップ競走(多摩川競艇場
2000年5月18日開設48周年記念 全日本王座決定戦(芦屋競艇場
2001年6月3日開設49周年記念 つつじ賞王座決定戦(津競艇場
2004年3月14日開設50周年記念 北陸艇王決戦(三国競艇場
2005年4月17日開設51周年記念 トーキョーベイ・カップ平和島競艇場
2005年6月7日江戸川大賞(江戸川競艇場
2005年10月15日ダイヤモンドカップ競走(鳴門競艇場
2005年11月17日開設52周年記念 福岡チャンピオンカップ福岡競艇場
2006年5月16日開設54周年記念 全日本王座決定戦(芦屋競艇場
2006年6月6日開設54周年記念 つつじ賞王座決定戦(津競艇場
2008年12月9日開設54周年記念 競帝王決定戦(下関競艇場
2009年8月4日開設53周年記念 赤城雷神杯(桐生競艇場
2010年6月17日開設58周年記念 つつじ賞王座決定戦(津競艇場
2011年12月6日第57回関東地区選手権(江戸川競艇場
2015年6月18日開設60周年記念 江戸川大賞(江戸川競艇場
2018年6月5日開設66周年記念 京極賞 (丸亀競艇場
2018年10月18日第46回高松宮記念特別競走(住之江競艇場

G2の優勝歴

2010年4月25日第54回結核予防事業協賛 秩父宮妃記念杯(びわこ競艇場
2013年10月6日江戸川634杯 モーターボート大賞(江戸川競艇場

 

 

濱野谷憲吾■今後のレース予定

 

開催期間 開催地 グレード タイトル
2019/08/27

2019/09/01
大村 SG 第65回ボートレースメモリアル
2019/09/11

2019/09/16
戸田 G1 G1戸田プリムローズ開設63周年記念
2019/09/27

2019/10/02
びわ G3 G3キリンカップ2019
2019/10/06

2019/10/11
平和島 G1 G1開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ
2019/10/15

2019/10/20
G2 G2津モーターボート大賞 ウイナーズバトル

 

 

私が競艇を始めたばかりのころからの付き合いでココは正規競艇予想会社として有名なサイトで管理人

一押しで信頼のおけるサイトだ!ちなみに私も、遊びの競艇ではなく

勝負のときはお世話になっている数少ない優良サイトになります。オススメできる競艇予想サイトはコチラにまとめていますので興味がありましたら参考にしてください。
          ↓ ↓ ↓

 

優良サイト 


え?競艇ってそもそもどんなもの?初心者でも大丈夫?必勝法ってあるの?競艇予想サイトって本当に儲かるの?という人はこちらをチェック

          ↓ ↓ ↓