競艇素人のサラリーマンが競艇予想サイトを詐欺なのか検証するブログ

上司に無理やり平和島競艇場に連れて行かれ競艇予想サイトを知り、詐欺だと疑いながら優良・悪徳かを口コミ・評価・評判を元に検証する。

MENU

【服部幸男】選手という競艇選手(ボートレーサー)を調査!勝つためにプロフィール・実績・特徴をまとめてみた!

服部幸男 競艇

 優良サイト

 

 

服部幸男■基本情報

 

服部幸男 競艇

出身地 静岡県
年月日 昭和46年1月5日
年齢 48歳
身長 167cm
体重 55kg
血液型 B型
級別 A1級
登録番号 3422
登録期 64期
支部 静岡支部

服部幸男 競艇



服部幸男■の年収はいくら?

 

2019年1月1日~11月26日現在迄のTOP10

順位 選手名 獲得賞金額
1 毒島誠 149,610,000円
2 吉川元浩 124,706,000円
3 石野貴之 118,725,666円
4 峰竜太 107,178,000円
5 桐生順平 98,200,000円
6 瓜生正義 94,394,000円
7 柳沢一 88,647,410円
8 井口佳典 84,331,266円
9 馬場貴也 82,016,932円
10 白井英治 80,963,000円
ランク外 服部幸男 ※※※※※※

 


過去の年間賞金額もまとめてみました。

2018年ランク外(3424万以下)
2017年 3588万
2016年 4803万
2015年ランク外(3613万以下)
2014年 4050万
2013年 4598万
2012年 5560万
2011年 4005万
2010年 6064万
2009年 8914万
2008年 4668万
2007年 7061万
2006年 6307万
2005年 5358万

 


服部幸男■レーススタイル・特徴

 

服部幸男選手は、新人時代に内側の艇を先に旋回させ、その懐を遅れて旋回する「差し」という戦法が主流という中で、自ら攻めて内側艇を捲り、さらに内側艇との空いたスペースに飛び込む「捲り差し全速差し)」という戦法生み出した選手である。

 

服部幸男 競艇

 

この圧倒的破壊力を持つ戦法を駆使することにより新人でありながらも数多の勝利を重ね、加えて自ら「水の上では先輩も後輩もない」と発して実力の世界であることをアピールし、年功序列であった当時の競艇界に一石を投じる結果となった。

 

服部幸男 競艇

 

服部幸男選手の特徴として進入は枠なり進入で、強引な前づけなどは見られないが5,6コースの場合は少しでもインに入ってくるのが多く感じる。近年は、外寄りのコースからのレースのみ勝ち切れない傾向にあるので、それも影響してるかと思える

服部幸男選手のスタートタイミングは0.14~0.18で、SG級競艇選手としては一般的な
スタートタイミングとなっている。スタートにて他の競艇選手よりも出遅れるということが少ない。

 

服部幸男 競艇

 

服部幸男選手は、毎年勝率7点代をコンスタンスに叩き出しており、非常に安定感のある選手という特徴がある。ただし、舟券購入の上では、タイミングや入ってきそうな着順が読みにくい選手ではある。服部幸男選手の買い時としては、一般戦での1、2号艇のときが良いかと思っております。5,6コースの外枠は苦手なんだなと読み取れます。

 


服部幸男■同期や弟子は?

 

第64期生で、同期に松井繫選手、中里英夫選手、弟子に女子レーサートップクラス級の長嶋万記選手や三浦永理選手らがいる。

 

 

服部幸男松井繁とはライバル関係

 

最近の服部幸男選手しか見たことのない方なら、なぜ松井選手のライバルなんだろう??と疑問に思われる方が多いかもしれません。基本情報としまして、服部幸男選手は本栖時代には成績が同期の中でナンバーワンの存在でした。松井選手は服部幸男選手と同期で、それゆえにお互いを意識しながら成長していきました。

 

服部幸男 競艇


服部幸男選手の若い頃はファンにすごいインパクトを与えるレースをしていました。1992年の全日本選手権競走では21歳という若さでSG制覇を成し遂げています。当時は若いこともあり優勝戦は4号艇ながら、6コース進入となってしまいました。

 


1992 全日本モーターボート選手権 (第39回平和島)


そして6コースからスタートで、豪快にまくり差しを決めて史上最年少でのSG制覇を成し遂げました。その史上最年少SG制覇の記録はいまだに破られておりません。当然、松井選手より先にSGを取ったことになります。

 

服部幸男 競艇


1997年の賞金王決定戦競走でも、追い風5mの中、6コース進入となってしまったのですが、スタート踏み込んで、豪快にまくり差しを決め当時の艇王植木通彦選手の賞金王3連覇を阻止して優勝し、当時の公営競技選手の年間最高獲得賞金額を記録しました。
松井選手が賞金王を取る2年前のことです。1997年の賞金王をとるまでは、常に松井選手の前を歩んでいたのですが、この賞金王を最後にSGの栄冠から遠ざかってしまいました。今は、なかなか強い印象が無いかもしれませんが、当時服部幸男選手を知っている方ならば、松井選手のライバルであることは納得していただけると思います。

 

 

 優良サイト

 

 

服部幸男■略歴

 

服部幸男選手は、中学卒業後に静岡県立浜名高等学校に進学したものの学校が嫌いと言う理由で中退。1988年4月に競艇選手養成所に入所した。当時は「落水王」と呼ばれていたが、卒業時の模擬レースにおける勝率は7.49で、同期生の中でトップだった。

競艇選手養成所を卒業後、1989年5月13日にデビューした。しかしその後、過去に暴走族に所属し暴走行為を行っていたことが発覚して6ヶ月間の出場停止処分を受けた。

この件の反省後に暴走族と訣別したが、出場停止解除後は成績が急上昇。1992年10月12日に平和島競艇場で行われた「全日本選手権競走」にて当時21歳でSG初優勝。これは、1984年に達成した今村豊選手を抜いて、現在のSG史上最年少優勝記録となっている。これを皮切りに1997年12月23日に住之江競艇場で開催された「賞金王決定戦競走」で優勝し、後に植木通彦選手に年間最高賞金記録を抜かれるまでその記録を保持するという腕前を持つ。

2006年5月に4年間交際していた一般女性と結婚式を挙げ、10月には父親となった。

2007年に平和島競艇場で開催された総理大臣杯競走では、浜名湖競艇場の正月一般競走にてフライングをしたため出場が不可となった。同年9月11日に桐生競艇場で開催された「開設51周年記念 赤城雷神杯競走」の準優勝戦にてフライングをし、2007年11月1日から12月6日までフライング休みとなった。その翌7日から翌2008年3月6日までのG1競走選出除外が決定したため、東海地区選手権競走の2連覇が無くなった。

2016年2月22日に服部幸男選手は通算100人目となる2,000勝を達成し、2017年には日本全国にある全24競艇場制覇を達成した。

 


服部幸男■優勝歴

 

SG

1997年12月23日 住之江 第12回賞金王決定戦競走 - 決定戦

 

G1

1993年      児島  第41回競艇キングカップ 周年記念競走
1994年      浜名湖 第41回浜名湖賞 周年記念競走
1995年      浜名湖 第40回東海地区選手権競走
1997年01月19日 浜名湖 第43回浜名湖賞 周年記念競走
1997年02月03日 尼崎  第11回新鋭王座決定戦競走
1997年07月10日 浜名湖 G1浜名湖賞 開設44周年記念競走
1997年09月30日 下関  開設43周年記念競走
1997年11月06日 宮島  G1第43回宮島チャンピオンカップ
2001年02月12日 津   G1 第46回東海地区選手権競走
2001年04月24日 下関  G1モーターボート大賞競走
2004年02月11日 蒲郡  G1第49回東海地区選手権競走
2005年10月09日 大村  G1海の王者決定戦 開設53周年記念競走
2006年12月05日 浜名湖 第53回浜名湖賞 開設53周年記念
2007年01月18日 唐津  G1全日本王者決定戦
2007年02月07日 浜名湖 第52回東海地区選手権
2008年04月14日 戸田  G1戸田グランプリ開設52周年記念
2009年03月31日 蒲郡  G1ダイヤモンドカップ
2009年10月21日 大村  G1 開設57周年記念 海の王者決定戦
2016年12月08日 児島  G1児島キングカップ開設64周年記念競走


G2

2009年04月26日 大村  G2 第13回 競艇祭~競艇マクール賞~
2013年03月31日 蒲郡  G2モーターボート大賞

G3

2006年08月06日 平和島 第19回G3キリンカップ
2008年01月17日 常滑  G3とこなめ大賞
2011年11月21日 びわこ G3キリンカップ2011
2014年08月26日 浜名湖 G3SUZUKIスピードカップ
2014年10月19日 若松  G3 ビートル杯争奪戦競走
2018年07月10日 多摩川 マスターズリーグ第3戦マンスリーBOATRACE杯

 


服部幸男■今後のレース予定

 

開催期間 開催地 グレード タイトル
2019/12/05

2019/12/10
三国 G1 開設66周年記念 北陸艇王決戦
2019/12/16

2019/12/20
大村 一般 西日本スポーツ
2019/12/23

2019/12/26
下関 一般 巌流本舗杯
2019/12/30

2020/01/05
浜名湖 一般 静岡新聞社静岡放送 NewYear’sCup
2020/01/10

2020/01/14
常滑 一般 第33回半田大賞
2020/01/28

2020/02/02
浜名湖 G1 浜名湖賞 静岡県知事杯争奪戦 開設66周年記念競走

 

 

私が競艇を始めたばかりのころからの付き合いでココは正規競艇予想会社として有名なサイトで管理人

一押しで信頼のおけるサイトだ!ちなみに私も、遊びの競艇ではなく

勝負のときはお世話になっている数少ない優良サイトになります。オススメできる競艇予想サイトはコチラにまとめていますので興味がありましたら参考にしてください。
          ↓ ↓ ↓

優良サイト 

 


え?競艇ってそもそもどんなもの?初心者でも大丈夫?必勝法ってあるの?競艇予想サイトって本当に儲かるの?という人はこちらをチェック

          ↓ ↓ ↓